中富良野の過ごし方

なかふらの観光協会 | 北海道らしい風景と穏やかな時間 > なかふの過ごし方 > コテージ滞在で自由気ままに、家族みんなで冬を満喫

コテージ滞在で自由気ままに、家族みんなで冬を満喫

雪遊び広場で、魅惑の雪山すべり

毎年1月上旬頃にオープンする北星スキー場。夏はカラフルな花畑となる場所です。1コースのみのコンパクトなスキー場の横に「雪遊び広場」があり、休日になるとたくさんの子どもたちで賑わいます。注目の的となっているのは、家庭にはなかなかない雪山すべりのアイテム。大きなスノーチューブにみんなでまたがって、子どもだけでなくお父さん、お母さんまで夢中になって遊んでしまいます。

北星スキー場敷地内にある雪遊び広場では、エアーボードやスノーチューブなどがレンタル可能(有料)。

お気に入りのアイテムに乗って、「よーいドン」で競争!

力の限り遊んだ記憶が家族みんなの冬の思い出に。

 

「雪に包まれた森の中で、冒険とおやつの時間」

冬の間、森の中は真っ白な雪に覆われます。夏に歩いた散策路も深い雪の下に隠れてしまいますが、スノーシューを履けば道は無限に広がります。森の案内人は、自然をこよなく愛するアウトドアガイドのトッシーさん。テントまで辿り着いたら、まずはおやつの下ごしらえから。

山男の家…ではなく、体験ツアーの拠点となるテント。

芯をくり抜いたリンゴにシナモンシュガーとふらのワインを垂らして…。

火起こしに使う焚きつけ(樹皮)も自分たちで採ってきました。

ダッチオーブンの中のリンゴがいい匂いを漂わせるまで、森の散歩に出かけます。雪原についた足跡や、木の幹に残る爪痕を見つけては、トッシーさんがこの森に棲む動物や植物の生態を話してくれます。普段は見過ごしてしまうような現象にも、きちんと意味がある。そのことを思い出させてくれる物語に、大人も目から鱗が落ちるのです。

スノーシューを履いて、道なき道をどこまでも。

「生きている木と枯れてしまった木の見分け方は何でしょう?」「うーん…」「見た目もそうだけど、コンコンと幹を叩くと、音が全然違うんだよ」

テントに戻る頃には焼きリンゴが完成! 氷水ではなく、雪と塩を使って冷やしながらバニラアイスも手作り。

 

「本格手作り、バウムクーヘン」

悪天時も楽しめてオススメなのが、町内のバウムクーヘン屋さんで体験できる「手がけ式」のバウムクーヘン作り。よく売られている真ん丸のバウムクーヘンは機械で形成されていますが、手がけ式だと表面がポコポコと波打ちます。「これがおいしさの秘訣。どんなに不規則でもいいの」と、長谷川さん夫妻は手とり足とり優しく教えてくれます。

グルグル回り続ける機械を上手に使いながら、生地をかけてはキツネ色に焼いていきます。生地はなるべく北海道産原料にこだわっています。

集中力を切らすことなく、見事に完成! 家で食べる前に温め直すと一層おいしい。

 

「家族だけで自由に過ごせる、1棟貸しコテージ」

今回の旅の宿は1棟貸しのコテージ。すべてが整ったホテル滞在もいいですが、コテージ滞在も、一度経験するとその気楽さが癖になります。食事も洗濯も普段通りの好きな時間にできて、赤ちゃんが泣いてしまっても誰かの迷惑になることはありません。夕食後は家族みんなで持参したDVDを観たり、お風呂に入ったり…。家のような居心地の良さに、何泊でも過ごしていたくなるのです。

屋内からも十勝岳連峰が望める最高の立地。田園に囲まれた静かな環境でゆっくりと寛げます。

地元の食材を、好みの調理法で食べられることもコテージ宿泊の利点。事前予約でバーベキューセットも借りられる(有料)。

コテージの2階は屋根裏部屋のよう。旅先で過ごす家族団らんの時間はいつも以上に特別なもの。

 

  • 中富良野の風景
  • 中富良野での体験
  • 中富良野の宿・温泉
  • 中富良野の食
  • 中富良野の特産品

なかふらの観光協会